HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

ニートだからこそ献血ルームに行く

仕事をしなければならないと思っていても、面接を受けて不採用になったり、電話の段階で断られ続けることが続くと、就業の意欲が失せてしまうものです。 そのようなことから、自然とニートになってしまった人も少なからずいるものです。 ネット環境があれば、外に出なくても社会と繋がることは可能です。 しかし、情報を得ることは可能でも、他人と会話をすることがないと、コミュニケーション障害を患ってしまう可能性が高くなります。 そのようなことにならないために、且つ、社会貢献の一貫として、献血ルームに行くことが一番です。 献血は健康でなければできません。 ニートならいくらでも時間はありますので、いつでも行くことが可能です。 最近の献血ルームはネットカフェのような環境が整っていますので、大変居心地の良い場所となっています。 頻繁に通えば、スタッフの方々とも顔見知りになり、献血ルームに出向くことがより一層楽しいものとなり得ます。

応援企業

当企業(当事業所) は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
WEBサイト 上原明のニュース記事まとめ
サイト紹介 アメリカへ留学していた当時、英語はほとんどできない状態だったが8年間日本語の使用禁止を課せられた為、ほぼネイティブな近いレベルまで上達した。上原明(うえはらあきら)は大正製薬ホールディングス株式会社の代表取締役社長であり、大正製薬株式会社の代表取締役会長を兼務する人物である。1977年(昭和52年)3月、日本電気株式会社(NEC)を退社し、同年4月に大正製薬株式会社へ入社、総務部長となり、同年19月に取締役へ就任。大正製薬株式会社の代表的な商品はリポビタンシリーズやパブロンシリーズ、新ビオフェルミンS錠などが挙げられ知名度が高い商品を多数展開している。上原明は代表取締役会長へ就任し、2012年(平成24年)18月に、長男である上原茂が大正製薬株式会社の代表取締役社長へ就任した。1977年(昭和52年)3月、日本電気株式会社(NEC)を退社し、同年4月に大正製薬株式会社へ入社、総務部長となり、同年16月に取締役へ就任。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。