今年の前半は、3月に一ヶ月間の休業をしたので、体力的な心配を少しましたが、例年参加させてもらっている6月4日のアフリカンフェスタには、参加が間に合って安心することが出来た感じです。復活(笑)
イベント出店は、「フェアトレードショップら・なぷぅ」を知っていただく良い機会と考えているので、参加したいと考えているのですが、12年のうちに出店の形も少し変わった来ました。最近では「カレー屋」さんと間違われることも多くて。と、言うのも夫が「ら・なぷぅカレー部」として出店することが多くなったからです。
私はフェアトレードのスパイスを販売して、家でもスパイスのカレーを作っていましたが、そのうちに夫が(当時は会社員)カレーをつくりだしました。研究熱心な結果、時々「おいしい」と言われるまでになり、「ら・なぷぅカレー部長」の誕生となりました。アフリカンフェスタには、アフリカのスパイスをたっぷり使ったカレーを販売して、完売。本人はとても喜んでおりました。雑貨担当の私(ら・なぷぅ社長?)は、ボチボチな感じでした(苦笑)
中越地震の年にら・なぷぅを始めて12年。強力なライバル・カレー部長の出現は意外でしたが、このような形のイベント出店も楽しいなぁと思っています。
フェアトレードを軸にエコでピースなくらしを提案するスタイルは変わらないと思います。Nネットの会報寄稿の機会にそんなことを改めて考える時間が持てました。感謝しております。ありがとうございます。
 

ら・なぷぅ 

 若井由佳子

にいがたNGOネットワーク(Nネット)

にいがたNGOネットワーク活動報告ブログ